医師の年収

医師の年収は平成22年度の統計データのよると月収は約88万円、年収1,200万円が平均となっています。医学部を卒業したての研修医は規定により30万円前後の報酬と決まっているためほとんどの場合、研修中の年収は300〜400万円です。勤務先の病院にもよりますが、2年間の研修を終えると年収は倍増し、30代を迎える頃には年収1,000万円に届く医師もいるでしょう。平均値を取ると一般病院の勤務医の場合、年齢40歳前後で年収1,200万円、医科長や診療部長などの役職クラスになると40代中盤で年収1,500万円、副医院長・医院長クラスでは1,800〜2,000万円が相場のようです。開業医の場合には、病院経営の状態にもよりますが、年商2,000〜3,000万円あるのが相場となっています。

また‘医師年収は人員・設備不足に反比例する’傾向があります。日本全国に約29万人にいる医師の中でも外科医・小児科医・産婦人科医は不足しているので年収は3,000万円を超えるものも少ないようです。ガン・脳卒中・心筋梗塞など日本人の三大死因は全て外科医による手術などの外科的治療を必要とします。これらの疾患を抱える患者さんは増加の一途を辿っており、今後も激減していくことはないため、外科医の必要性は今後も強まるでしょう。また子どもの数が減っているにも関わらず、高い医療訴訟リスク、少子化による経営難、繊細で複合的な診断を必要とする業務の過重な負担から小児科医・産婦人科医を希望する医師は多くありません。希少性が高まればこれらの診療科医の年収が、今後引き上がってもおかしくはないでしょう。

さらに医師の年収は地域による差も大きく、地域別における年収傾向では北海道、岩手県・青森県・山形県など東北各県は軒並み医師年収が高額であるのに対し、東京都・大阪府・神奈川県などの大都市圏や、西日本は全体的に医師年収が低い傾向(低いと言っても1,000万円台ですが)にあります。また近年は北陸や山陰地方など豪雪・僻地・離島などは、高齢化・過疎化が進み医師不足は尚一層深刻な状態にあります。そのため医師の年収は地方に行けば行くほど高額になる傾向があり、地域間による年収差が顕著に見られるようになってきています。

医師の年収は平均から傾向まで全体的な相場はありますが、給与実態に目を向けると勤務先によるバラつきがあり、専門とする診療科目、年齢、勤務先病院の形態などにより年収差があることが分かります。例えば30代の形成外科医で年収2,000万円収入がある医師もいれば、40代後半の公立病院内科医の年収が1,100万円。30代の眼科医は4,500万円を得ていますが、片や同じ30代の医師でも年収700万円の医師もいます。

Copyright (C) 2007-2013 医師の年収を考えるサイト. All Rights Reserved.